面接の前にリサーチしておくべきこと

お店のコンセプトを把握することが重要!

面接でしっかりとスタートラインを切る 風俗のバイトを始める上ではお店選びが大切です。このスタートラインをしっかりと切ることが出来れば、その後の採用率が大きく変わってきます。それでは、どのようにしてお店を選ぶべきかということですが、それはお店のコンセプトを把握することです。お店のコンセプト=お店が欲している女の子のタイプという訳です。分かりやすい例を挙げれば、高級店であれば女優のような美しさやグラビアモデルのようなスタイルの良さが必要ですし、学園系の専門店であればスタイルの良さよりも制服の似合う幼い見た目の方がポイントになります。こうして考えると、風俗のバイトを始める為にお店を探すよりも前に、まず自分自身がどのようなタイプなのかを自己分析しておくことも重要だということが分かりますよね。

優良店の見極め次第でお給料も変わる

自分がどのようなタイプかを理解し、お店選びを始めたとしても、ただ漫然と風俗の求人広告を眺めていても優良店と呼ばれる良いお店かどうかを判断することは出来ません。求人広告には「お客様からの電話が鳴り止みません」とか「何万人を超す会員様がいます」といったような文言がありますが、それだけでは本当に流行っていたり、稼げるお店なのかは分かりません。会員数の数字などは信用出来るのでは?と思うかもしれませんが、特に派遣型風俗の場合はお客さんが利用する際には名前や電話番号が必要になりますから、一度お店を利用すれば会員という扱いになってしまいます。つまり、長い間、お店をやっているだけでそれなりの会員数になるのは自然なことなのです。風俗のバイトで稼ぐ為に重要な点は、たくさんの会員がいることではなく、たくさんのお客さんが利用してくれることです。過去に一度だけ利用したことのある会員には何の価値もありません。

さらに風俗店にはソープランドやデリヘル、ピンサロやオナクラといった様々な業種がありますが、女性が客として利用することが出来ませんので、具体的なサービス内容やお店の繁盛ぶりを把握することが出来ません。そのような状況で、一体どのようにして優良店であるかを見極めるのか、その鍵を握るのが面接になるのです。

応募時の電話応対がポイント

面接がポイントと言うと、ありきたりな話に聞こえてしまいますよね。しかし、重要なポイントは実際の面接の前にあるのです。誰でも求人広告を見ていて気になる広告が見つかれば、そのお店に応募をしますよね。求人サイトであれば電話やメール、LINEなどで応募が可能になっていますが、ここは必ず電話での応募をすることをオススメします。私の調査によると、風俗嬢に対して職場の満足度に関するアンケートを取ったことがあるのですが、その時の結果に応募時の対応の良さを覚えている女性が多かったのです。しかも、そのように答えた女性の全てが電話で応募をした人でした。やはり電話越しでも実際に会話をすることで、相手の印象をより強く印象付けることが可能なようです。反対に悪い印象もより強く印象付けてしまう訳ですが、人間関係は第一印象の良さが重要だという話を聞きますが、風俗のバイトにおいても同様のようですね。

ドタキャンをして相手の出方を窺う このメールやLINEよりも電話を使った方が相手の印象が伝わりやすいという点を利用すれば、自分が働きやすそうなお店かどうかを判断する材料になります。事務的であったり、ぶっきらぼうな応対では話になりませんが、丁寧な対応と言ってもホテルマンのような徹底した丁寧さもあれば、美容師さんのような距離の近いフレンドリーな丁寧さもありますよね。この辺は好みによって分かれる所ですし、電話で話した感じで「何か違うな」と思えば、面接に行く必要もありません。私の場合は慎重すぎるきらいがあるので、電話での印象も良く面接に行く予定になっているお店でも、あえて面接日を変更するのも良い手段かと思ってしまいます。人間であれば誰しも予定外の変更は嫌なものです。そんな時にでも相手の印象に変わりが無いかを確認することが出来ます。お店のスタッフも少しでも多くの女の子に面接に来てもらいたいはずですから、初めての電話での対応には気を付けているはずです。しかし、一度面接に来ることが決まっている状態であれば、お店のスタッフにも少しの油断が出るかもしれません。そして、きっとその時にはそのスタッフの本当の人間性が出るかもしれないですよね。ちょっと意地の悪い方法かもしれませんが、風俗のバイトは大変なお仕事ですし、全ての女性が良いお店で働きたいと強く願っていると思いますので、これくらいは許される範囲ではないでしょうか。

細かい条件は面接で確認を!

お店のコンセプトと自分のタイプが合っている、電話での応対も良さそうとなれば、いよいよ面接です。面接日の前日には改めて求人広告を確認しておきましょう。体験入店の時給はいくらか?講習の方法は?お店に求める条件はたくさんありますよね。求人広告を読んでも不明な点を整理して、面接時にしっかりと質問出来るようにメモを取っておくのもいいでしょう。細かすぎる質問をしたからといって採用、不採用には影響がありません。それよりも事前に気になる点を解消しておいた方が、採用後に集中して働くことが出来るので徹底しておくといいでしょう。