ソープの面接に受かりやすいポイント

お店のレベルによって難易度が変わる

風俗のバイトの中でも特殊な業種で、最も稼げるソープランド。ベテランの風俗嬢であってもソープでは働いたことの無い女性が多いことからも、その敷居の高さが窺えます。

ソープランドには3つの序列がある ソープのバイトを始める前に押さえておきたいポイントは、「高級店」「大衆店」「格安店」という3つのレベルがあるということです。もちろん高級店が最高レベルのお店です。レベルが高くなるにつれ、サービス料金が高くなり、一人当たりの接客時間も長くなります。サービス料金と時間の目安は、格安店が50分で総額1〜2万円台程度で、大衆店が90分で総額3〜4万円台程度、高級店が120分で総額5万円以上となっています。当然、お店のレベルによって女の子が稼げる金額も大きく変わってくるので、求人広告を見る際にはお店のレベルを確認することも重要になります。

高級店

高級店の中にも「S着店」と「NS店」の2種類があります。Sとはスキン(コンドーム)のことで、NS店はノンスキンの略。つまりコンドームを着用せずにプレイするお店のことになります。

S着の高級店であれば、ソープの最上ランクになりますので、風俗の面接の中では最難関の一つと言えるでしょう。素人を売りにしているお店で無い限り、高身長でグラビアモデルのような体型の女性が求められます。つまり、バストはDカップ以上、ウエストは60cm以下、ヒップは87〜90程度というスタイルが必要ということ。もちろん、顔も女優さんのようにものすごい美人でないと採用されることは難しいでしょう。

素人がコンセプトのお店では、事前にお店のホームページに掲載されている在籍女性のプロフィール写真や、ブログなどを確認しておくと良いと思います。ギャルやお姉ギャルのような化粧の濃いメイクは望ましくありません。素人がコンセプトとはいえ、高級店には変わりありませんので、素材の良さをアピールできる格好で面接に臨むと良いと思いますよ。

大衆店

大衆店とは言っても、容姿で落とされるケースも多々あるので注意が必要です。大事なことはお店のコンセプトに合っているかです。求人情報を見る際は、求人サイトだけでなく、お店のホームページなどで男性客が見るページも確認しておきましょう。男性客向けにはお店のコンセプトや売りと考えている特徴がアピールされているはずです。巨乳やスレンダーのように容姿に関わることであったり、痴女などのプレイ内容に関わる場合もありますので、お店の傾向を掴んで、目指すべき女性像をイメージすることが重要です。合わせて在籍している女の子のプロフィール写真を見れば、雰囲気を掴みやすいと思うので、同じような系統の服装で面接に臨むと効果的ではないでしょうか。

ちなみにプロフィール写真は、ほぼ修整されていると思って間違いありません。在籍している風俗嬢が皆きれいでスタイルが良いからといって落ち込んだり、私には無理だと諦める必要は全くありません。最近の風俗店はブログを利用しているお店が多いので、顔出しをしている風俗嬢のブログを見れば、より正確な情報が分かるかもしれませんね。高級店であれば、修正をした所で元々きれいな女性であることに違いはないでしょう。しかし、大衆店や格安店の場合は、その限りではありません。もちろん、自分のお店の女性をより魅力的に見せたいという気持ちは高級店と同じだとは思いますが。

格安店

格安店になると、だいぶ採用率が高くなります。ソープでバイトをする気持ちがあれば、積極的に面接に臨んで良いと思います。ギャル向けや濃厚サービスが売りだったりと、コンセプトが際立ったお店が多いので、自分に合ったお店を探すと良いのではないでしょうか。また、近年では格安店よりもさらに安い激安店も出ています。激安店は30分1万円以下という料金で手軽さが受けて一部のお客さんの人気を集めています。

格安店も激安店も採用率が非常に高いのはメリットではありますが、サービス時間が短いということは、1日に多くのお客さんの相手をすることになる訳です。つまり、安い単価で数をこなすことで高収入を稼ぐスタイルになります。しかし、ソープの仕事は身体的な負担が大きいので、体が強くないばかりに長い時間働けない女性なども多くいます。働く気持ちはあっても体がヒリヒリして接客ができないという格安店ならではの悩みもあるのです。

面接はレベルの高いお店から始める

ソープランドに関するそれぞれのレベルを紹介していきましたが、面接をする際には必ず高級店から受けていくようにしてください。また、不採用になってもいいように同じ日に複数のお店の面接を予約しておくと無駄な時間を省くことができます。ソープのあるエリアはソープ街として多くのお店が密集しているケースがほとんどなので、移動距離も少なくて済むはずですよ。

最後に、どんな世界にも例外はあるものです。自信が無くても高級店に採用されることもあれば、格安店でも若くて可愛い子ばかりが在籍しているお店や、テクニックを求められるお店もありますので、1~2店舗の面接に落ちたとしても、めげずに他のお店を探してみてください。風俗のバイトは接客業ですから気持ちが重要です。前向きな姿勢で取り組んでいれば、面接官もお客さんもその姿を見てくれているはずですから。